ディーラー カーローン

自家用車を購入する際に、カーローンを使う人が増加しています。カーディーラーがカーローンの手続きを仲介してくれるものは、車を買う時に同時に手続をすることができます。カーディーラーが提携している信販会社やファイナンス系の金融機関などのクレジット会社にお金を借ります。その場での支払いは金融会社が立て替え、その後は金融会社に対して毎月決まった金額を返済します。

ディーラーのカーローンの場合には、銀行などと違って審査基準が厳しくない傾向にあります。勤続年数が少なくても、収入があれば借り入れをすることも可能だといいます。ローンの申し込みがしやすいというのは、ディーラーのカーローンの一番のメリットだといえるでしょう。ディーラーの勧めるカーローンの貸付条件は、店舗によって全く異なります。返済条件や借り入れ金額などについて、しっかり確認しましょう。

信販会社のローンだからと銀行より金利高とは限りません。商品によっては、銀行よりも好条件で融資をしている金融機関もあるそうです。金利が3%〜5%と銀行とそれほど変わらない設定のカーローンもあるので、カーディーラーでローンを組む人が増えています。どういった点に気をつけて、カーローンを申し込むべきでしょう。目先の金利は低く設定しておいて車両本体価格などの値引き幅を小さくしていることもあるようです。カーディーラーのカーローンは低金利で融資をしてもらっても、実はそれほどお得になっていない事もあるので気を付けましょう。

 

サイトマップ